ホーム  →  最新のお知らせ  →  社内出張/ご従業員様の健康管理(法人契約)

社内出張/ご従業員様の健康管理(法人契約)

☆ご従業員様のお身体のケアに整体・身体調整を取り入れてみませんか!!



社内の福利厚生の一環として、大切なご従業員様の健康管理としての
整体の導入を、法人様主導で取り組んでみられては如何でしょうか。


これまでは、社内の健康管理と言えば、年一回の健康診断を行う事がスタンダードでありました。

そこで問題があれば、運動指導を受け...ジム通い。良くなれば良いのですが、健診で問題があった時点でかなり専門的な指導を受けながらのパーソナルトレーニングが必要になります。

というのは、問題あり=カラダの歪みという公式が高い確率で成り立ってしまいます。その様な状態での運動開始は効果が上がりにくいばかりか、怪我を誘発してしまう確率が高くなります。結果、ドロップアウト...そして、場合によっては長期休養...

会社にとっては、避けられた損失だったのではないでしょうか。



*生産性の向上 
*有能な人材の健康と能力の確保

パワハラ問題等の表面化する昨今ですが、このハラスメントは、する側もされる側も人です。その人が精神のコントロールを失ってしまった結果としての行動がハラスメントに至っている場合も多くあると考えられます。

また、精神のコントロール不能といえば、現代病として挙げられる『うつ』もそうです。 医療機関で診断がくだらないが潜在的に『うつ』を抱えている方は想像以上に多いと考えて良いでしょう。

この様な状態で仕事の生産効率を期待できるでしょうか。その結果としての現象が残業とは考えられないでしょうか。



*この様な背景が無駄な経費を産んでいる と考えてみてください。

一部のご従業員様は、大切な時間と費用を割き自ら整体やマッサージに通われています。しかしほんの一部であり、大多数の方にはその様な余裕がないのが現状ではないでしょうか。

また、精神的に追い込まれた状況では、その様な行動を起こす事すら億劫になってしまうというマイナス連鎖にはまってしまっています。

その様な状況であっても、ハードルの低い社内での整体の提供は、そんなご従業員様にとって願ったり叶ったりではないでしょうか。



*これからの時代の新たな取組み!

従業員に優しい会社として、また企業効率を上げているユニークな会社として既に保育所を設けたり、自由出勤制を導入したり様々な取り組みが見られます。

そして、これからはご従業員様のご負担となっていた時間と費用を、法人様が福利厚生としてご従業員様にご提供するという素敵な取り組みは最高ではないでしょうか。



*ご提供プラン例

例えば、プランとして毎日12〜15時や17〜20時という具合で時間を決め、あるいは月、水、金曜の終日などと決めます。この時間帯に弊院が社内へ出向き、ご従業員様に整体をご提供し、ご従業員様のフレッシュアップを後押しします。
もちろん、これは一例に過ぎず、御社のご要望をご相談ください。


*新たなスタンダードプラン

2020以降、法人様の福利厚生プランとしてスタンダード化していくであろう新たな健康管理プラン。

悪いところが見つかってから行動を起こすという、これまでの健康診断という事後対策ではなく、これからは、健診で褒められる『事前の予防』という新たなスタンダードを先取りしましょう。


業績不振などから、宝であるご従業員を追い詰めざるを得なくなるというブラック企業化が後を絶たない中、是非ともご一考してみてください。


ご興味のある社長様、総務担当者等、関係者様はご一報ください。  下記、『お問い合わせ』よりご連絡ください。
これからの日本を背負う皆様お一人お一人のお役に少しでも立てれば幸いです。