ホーム  →  無限の可能性

無限の可能性

これまでにない特有の視点


【ドラスティック整体】では身体を

①構造体(筋骨格)の歪み

②機能体(動きと連動)の正常度

③内臓・器官・血液等の機能 の正常度



とそれぞれの視点で身体を包括的に捉え、
評価し整えます
中でも ③内臓・器官・血液等の機能の評価は【キネシオロジー】*を用いる事で可能となります。また、『痛い・硬い』などの一見『悪い』と思われる部位に惑わされる事なく、症状の本当の【悪さの元】を見つけ出す事ができる様になりました。


また、【包括的に捉える】事で【症状の元】(原因)が分かります。【元が分かるから】従来の様な『押したり、揉んだり、鳴らしたり』する必要性がないのです。

【症状の元】をやさしく整えるだけ!!
【症状の元
をやさしく整えるからこそ、【安心】でこれまでにない【持続力】のある効果的な調整が可能なのです。


*キネシオロジーとは
筋肉の強弱によって悪さの元を見つける手技による評価法



①構造体を観る (弱化現象を修正する)

筋肉の硬い部位よりも【弱い部位】に重点を置くところが特徴です。硬さが生じる原因は【弱さの結果】です。だから硬さを消しても弱さが残ったままになるのです。これが硬さが戻ってしまう最大の理由です。

何故その筋が弱いのかを、全身の繋がりから読み解き正常に戻していき症状を消し去ります。

筋肉、筋膜・骨、関節の歪みをとる

【すぐに戻ってしまう】理由

②機能体を観る
上記の筋肉の弱さ・不調が正常化したからと言って、必ずしも動きや体調が改善する訳ではありません

そうでない場合はよくあります。いわゆる【戻り】といわれる「すぐに戻ってしまう」化です。この理由は、弱い・硬いといった筋肉事態に根本的な問題がないからなのです。

この場合、
筋だけでなく筋に影響を及ぼしている内蔵機能や血液活性など包括的に判断し対処していかなければなりません。

例えば...
❶全身の筋骨格の連動(連鎖)が原因の場合

➡︎例えば肩こりや腰痛について、それは肩や腰などの周辺にあるのではなく、立ち方顎の
噛み合わせの問題の悪影響による事があります。

この場合、
【立ち方】【顎】を調整して肩こり腰痛を解消させます。



内臓系が原因の場合

例えば、お腹の冷えが肩こり腰痛を引き起こしている【内臓諸器官】が原因の場合もあります
この場合、
【冷え】やそれを誘発する【血流】【血液活性】の状態を判断アプローチし肩こり腰痛を解消させます

*血液活性とは、
血液検査で見る数値は数を見ていますが、正常値であってもその働き具合、つまり活性度は見ていません。大事なのは、働きものの血液かどうかなのです。

下顎骨の施術

③ 内臓器官・血液の活性を観る


【MRI・X線】【検査値】などの数値や視覚では確認できないけれど、
それは現代の医・科・工学の技術では確認できる技術が追いついていないだけで、

実際の現象として身体に悪影響を与えている原因があり、この真因にアプローチ!

➡︎この真因とは、

前述の様に、肩こりや腰痛の原因が足にあり、従来の様にその足を調整すれば回復するはずです。しかし、

持続力に欠けるのです。その理由は、その足を歪ませていた、更にその上位の原因があったからなんです。

これを真因としています。
キネシオロジーの視点で観ることが出来れば、この真因にたどり着く事もできるのです。


そして、この真因となるものこそが、これまでほとんど触れられてこなかったものなのです。


その一部をご紹介します。

①生活習慣(食生活・生活の乱れ)
②心理的なもの(疑念・不安・恐怖など)
③外部環境(電磁波・化学物質・ジオパシックストレスなど)
④薬害(サプリメントも含めた添加物全般)
⑤対人ストレス
⑥思考の癖   など

これらストレッサーこそが真因であり、
この真因にアプローチし改める
事で真の改善に導かれるのです。


最後に、
最重要な事


しかしながら、これらストレッサーの影響を受けやすいのか、あるいはビクともしないような強い状態なのかが最も重要と言えます。

では、どんな状態が受けやすいのか?

これが心・身・魂の状態であり、
生き方思考の癖がこれにダイレクトに影響してきます。
そう、症状の原点とは【内なるもの 】なのです。


ストレッサーの原点こそは、私たち人類が、この世に生を受けた意味とも言われています。

ストレッサーの原点=心・身・魂の状態なのです


これを人類一人一人が、意識していく事が、お一人お一人の健康ばかりでなく、世界平和、人類の真の繁栄にも直結するものと考えております。

是非、ストレッサーの原点から逃げずに、向き合って、自らが病気、怪我の根を摘み取ってください。

そのお手伝いができるのも、

ドラスティックセラピーなのです。


キネシオロジーの視点で観れば、身体の内側の淀み(歪み)が分かります

【こんな事はございませんか?】



①医療機関に見てもらったが、薬が多くなるばかりで不安

②複数の医療機関で見てもらったが、手術を「すべき」「すべきでない」など、意見が分かれ不安

③低周波や電機治療に終始するばかりで不安

④流れ仕事で捌かれている感じを受け、ストレッチやマッサージなどインターンに任せている事が多く不安

⑤代替療法として整体へ行くが、マッサージやストレッチ主体でリラクゼーションを求めている訳ではない

⑥薬は飲みたくない

これらは、病名や原因が特定できない、分からない。「とりあえず、薬や物理療法、マッサージで場をしのぐ」となっていると言えます。

しかし、は腎臓・肝臓・脾臓等への副作用が強いものばかりで、却って免疫機能を低下させてしまい、本末転倒になっています。


これからの時代は、「自分で自分の身を守る時代」です。

そして、現代医療、最先端医療、代替療法と、ご自身でその賢い選択をしていくのが今の時代に合ったやり方なのです。

その一翼を担いお役にたてればと願っております。



お役にたてます事をお約束します
  • Instagram