ホーム  →  無限の可能性  →  無限の可能性②

無限の可能性②

当院の強み、真似できない調整法とは...

~古典的アプローチ~

従来の整体業界のスキルは主訴周辺へのアプローチていました。これは、原因が探れない、あるいはその概念がないため、末端に出た、しかも硬いという症状にのみに焦点が当てられた
直接法でした。
残念ながら、これは今も主流となっている様です。

しかしながら、ここ数年喜ばしいことに、
原因という概念が少しずつ浸透しだしてきている様です。


末端・枝葉への直接法から原因への根元法へ】

これまでの整体(術)の多くは、主訴部位周辺を診る古典的な施術です。これは、【硬くなった部位を直接ほぐす】というものに代表されます。

そこへ近年になり、少しずつ変化が出てきました。主訴のみならず、全身の繋がりを診て施術する概念が浸透しだしたのです。

この喜ばしい傾向は、原因が分かってきたからに他なりませんが、これは、主訴周辺が原因でないという表れです。

更に、その元の原因に焦点を当てる事で筋骨格だけでなく、循環器や消化器、内分泌系と筋骨格以外の部位を診て施術する様にも進歩してきました。



【瀧仙堂】でも、このように【筋骨格】【身体の内側の状態】を診て施術致します。が、最も大切にしているのは

【生命エネルギー】なんです。

【生命エネルギー】が枯渇していたり、循環不全に陥っていたりすると、筋肉や身体が硬くなっていなくても体調不良から抜け出せません。だから原因不明となるのです


原因不明の正体は
【生命エネルギー】なんです。


【生命エネルギー】が不良の状態では、心身【弱化】現象が表れ、
心身ともに【元気】が失われ【健康】が損なわれていくのです。

【瀧仙堂】では、心身を【生命エネルギー】で満たし正常な循環に導いていきます。



〜テクニックの進歩〜

スキルも強く押したり、揉んだら、鳴らしたりが主流の時代から、ようやくやさしく触れるだけへの時代にもなってきています。

なぜか?その前に、

身体には未だ分かっていない事が多く、現科学・工学技術では、なんと!筋肉が動く仕組み【滑走説】でさえ、未だ【説】とされている程、謎だらけなんです。

それが近年、少しずつ解明されてきており、新しく発見された器官機能もあるのです。冒頭で【古典的】という表現を使ったのは、その様な背景があるからです。残念ながら業界では旧態依然とした状態の様です。

この新常識を用いる事で、身体に加える力は、

強いより【弱い】方が圧倒的に良い事が分かってきたのです。

そして、その新事実による新スキルの中には、実は昔から伝えられてきたものも多数あるのです。


【瀧仙堂】では、いずれ時間や時代がそれらに追いつき新たな新常識となるであろう様々なスキル・考えを、それを必要されるこの時代に追求する事で、


【弱い力】だけに留まらず、【触れない調整術】をもご提供するまでに至りました。

 

症状や原因によって【弱い力】や【触れない調整術】の中で最適なスキルを選び施術して参ります。