ホーム  →  症例

症例

ストレス社会で多い症例①

【四十肩・五十肩の症例

下記に挙げています2大ストレス肩の安定性機能を損なわせます。肩こりではなく、肩痛!いわゆる

動作痛
四十肩
五十

などの痛みにつながっていってしまうのです。以下、読み進めてください。


~♢~♢~♢~♢~♢~♢~♢~♢~♢~


【これまでの一般的な所見①】

その原因として、足裏のアーチ不足があります。
そして、その要因は、脚を組んだり、片方にばかり体重をかける癖であったりと、不良姿勢が原因とされてきました。
いわゆる普段のだらしなさのせいにされてきたのです。


【これまでの一般的な所見②】

頭や背中の過緊張が、筋膜をとおして腰骨骨盤を歪ませている事も非常に多いです。この歪みは【骨盤ー肩甲骨リズム】と呼ばれる連動連鎖によって、肩の動作不全を招き肩痛を発症させます。

しかしその原因は、やはり不良姿勢であり、
いわゆる普段のだらしなさのせいにされてきたのです。


~♢~♢~♢~♢~♢~♢~♢~♢~♢~


しかし安心してください。【だらしない】のではありません。
そこには、
原因(真因があったのです。

【瀧仙堂の視点・メカニズム】

肩を動かすとき、肩の関節に過剰な負荷をかけさせない安定筋があります。これを回旋筋腱板といいます。この回旋筋腱板は下記の器官との関わりが深く、
脳下垂体
甲状腺
胸腺
生殖器
がストレスを受ける事で回旋筋腱板【弱化】を起こしてしまうのです。

この器官がストレスをうけるとなり易いのが、
冒頭での2大ストレスです。それが、、、


心因性(メンタル)ストレス
ともう一つが
電磁波
なのです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

これまでの所見
【アーチ不足】は、この①心因性(メンタル)ストレスによる縫工筋の抑制弱化*の連動連鎖による足部外反の結果としてのアーチ低下なのです。


*【縫工筋の抑制弱化】については、【ストレス社会で多い症例②】で公開させていただいていますので、そちらをご覧ください。

なので、アーチをその場で回復させることができても、その原因である
心因性(メンタル)ストレス
縫工筋の抑制弱化
にアプローチしない限りは、すぐに戻ってしまう(アーチ低下
【戻り】が起きてしまうのです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

これまでの所見頭部や背部の過緊張や腰骨や骨盤の歪み】について、電磁波である場合のメカニズムの公開です。

人体が電磁波の影響を受けますと、腰椎3番と5番、そして左側頭骨が歪みます。この歪みは側弯や捻じれをもたらしますので、背中の筋膜に強いテンションをかけてしまう事になるのです。これが、
頭部や背部の過緊張や腰骨や骨盤の歪みを生みます。

当然、電磁波を遠ざけるか、影響を無にしない限りは、すぐに戻ってしまう(アーチ低下)【戻り】が起きてしまうのです。

この影響を無にするのが、【ドラスティック整体】なのです。

これまで、何をしても改善しなかった、あるいは持続しなかった方は、一度お試しにご来院ください。

ストレス社会で多い症例②

【腰痛と膝痛の症例】

心因性(メンタル)ストレスが及ぼす身体的悪影響

メンタルストレスは、当然脳にとってのマイナス刺激ですが、これが腰痛や膝痛になります。そのメカニズムは...

メンタルストレスは、前頭葉部の大脳皮質前頭前野にストレスがかかります。この前頭前野の働きとは、高次の精神活動、感情や欲望衝動のコントロールを司っています。人たるべき所以です。

場の空気を読む力相手を思いやる力、ひいては社会性に富んだ能力などは、この前頭前野によるものです。さて、この前頭前野はストレスを受け続けると、上述した様な高度な精神機能が失われる事が確認、報告されています。


ストレスを受ける事で、カラダの防衛反応が発動し、副腎皮質より放出されるコルチゾール脳の萎縮を促してしまい、この影響がでる様なのです。

この状態では、ある筋を介して骨盤安定性が損なわれるようなのです。それは、膝の内側に不安定さを呈し、更には骨盤を後傾させてしまうのです。

そのある筋とは、縫工筋です。

この筋は骨盤と膝の内側を繋ぐ筋肉であり、この抑制弱化によって体軸は歪み身体のあちらこちらの痛みや凝りを誘発していってしまい、一方で膝痛を、他方では骨盤のねじれによる腰痛に繋がってしまうのです。


そして特筆したいのが、思っている以上にこのパターンで苦しんでおられる方が多いという事です。この縫工筋は、上述の副腎と連動している為、メンタルストレスの影響を受け【弱化】してしまうのです。

そして、この腰痛や膝痛あるいは中背部の円背(猫背)や側弯を取り去れるのが【ドラスティック整体】なのです。


これまで、何をしても改善しなかった、あるいは持続しなかった方は、一度お試しにご来院ください。

ストレス社会で多い症例③

肩こり・頭痛の症例

以下の問題からの連動連鎖で肩こりやそれに関わる頭痛を助長させている場合が多いです。

この場合、いくらほぐしても、その場は良くても症状の改善は見込めないと言わざるを得ません。

【立ち方・歩き方によるもの】

➡︎毎日のこの悪い習慣によるもの。例えば靴を新しく変えた事や、高さの違う椅子に変えた事で症状が悪化する事は多々あります。

それではその原因は...?

(原因)
❶骨盤ー股関節ー足(Foot)の骨の配列の歪み
❷胸椎・腰椎の歪み
❸恥骨や顎関節の歪み
など

では何故歪んじゃうの?

(真因)
内臓器の疲れ・問題
電磁波
メンタルストレス
などなど



【お腹の冷えによるもの】

冷たいものの摂取で冷える事もありますが、血流が悪化した事によって、お腹が「冷え」になってしまった事の方が多いと考えます。では、何故血流低下してしまったのか?

(原因)
周辺の筋肉の硬化
背骨の歪み
食事・薬害

では、その真因は?

運動不足、睡眠不足、休息不足
AGE(終末糖化産物)や水銀・鉛などの有害金属物質
宿便
電磁波(は血液をドロドロにします)
など

そしてこを取り去れるのが【ドラスティック整体】なのです。


これまで、何をしても改善しなかった、あるいは
持続しなかった方は、一度お試しにご来院ください。